バーチャルオフィス1 レゾナンス

レゾナンスとバーチャルオフィス1を13項目で比較してみました!

人気のバーチャルオフィスである「レゾナンス」と「バーチャルオフィス1」を13項目で比較してみました。

今回は、バーチャルオフィスを契約する際に基本となる「1.初期費用」「2.月額料金」「3.最低利用期間」「4.利用できる住所」「5.基本料金に含まれるサービス」「6.郵便転送・転送料金」「7.転送通知」「8.登記住所利用の可否」「9.個人事業主からの法人成り変更」「10.ウェブ掲載可否」「11.法人口座開設実績」「12.決済方法(支払方法)」「13.その他」を徹底比較しています。両社の良いところ悪いところ包み隠さずお伝えしていきます。

これからどちらを利用しようか迷っている方の参考になれば幸いです。

「レゾナンス」と「バーチャルオフィス1」を13の項目で比較しました!

レゾナンスバーチャルオフィス1
初期費用入会金5500円
デポジット1000円~
入会金5500円
デポジットなし(クレカ払い)
月額料金郵便物月1回転送プラン:3300円(月払コース)
郵便物週1回転送プラン:1650円(1年払コース)
郵便物月1回転送プラン:990円(1年払コース)
※月1回転送プランの月払は無し
3960円/月(月払・週1回転送)
880円/月(年払・週1回転送)
最低利用期間なし/ただし解約時は1ヶ月前通知月払:1ヶ月
年払:1年
利用できる住所浜松町・銀座・渋谷区神宮・
西新宿・横浜市西区
東京都渋谷区
広島市
基本料金に含まれるサービス商業登記できる住所・郵便転送商業登記できる住所・郵便転送(週1回)
郵便転送・転送料金○ 普通郵便
100gまで200円
150gまで300円
250gまで350円
500gまで500円
※レターパック対応可能(別途料金)
○ 週1回
50g以内150円
100g以内200円(規定外は250円)
150g以内350円
250g以内400円
500g以内450円
※500gを超えるものは宅配便となる。
転送通知即時メール
(専用アプリで詳細確認も可能)
LINE
登記住所利用
個人事業主からの法人成り○(無料)○(無料)
ウェブ掲載○画像○ テキスト表記
.法人口座開設
決済方法(支払方法)銀行振込・口座振替・
来店(現金)・
クレジットカード
(VISA/MASTER/セゾン)
クレジットカード
その他特記事項簡易書留などの代理サインが無料

上記の13の項目で、レゾナンスとバーチャルオフィス1を比較してみました。知りたい項目からチェックできるようにクリックして飛べるようになっています。

レゾナンスとバーチャルオフィス1を初期費用で比較!

レゾナンス:5500円(入会金)・1000円以上(デポジット)
バーチャルオフィス1:5500円(入会金)

レゾナンスもバーチャルオフィス1も初期費用として入会金がかかりますがどちらも5500円です。バーチャルオフィスとしては標準的な金額です。

デポジットに関しては、レゾナンスは「1000円以上」で、バーチャルオフィス1は不要です。デポジットは郵便物の転送費用に充てられるので、とりあえずは1000円だけ入金しておけばOK! レゾナンスのデポジットの追加入金は専用アプリで簡単に行うことができます。

バーチャルオフィス1はデポジット制ではなく、クレジットカードで決済されます。いちいちデポジット入金の手間がかからず便利ですね!

入会金は携帯電話の契約時に必要な「契約事務手数料」みたいなものですね。

レゾナンスとバーチャルオフィス1を月額料金で比較!

レゾナンス:いくつかプランがありますが、郵便転送が月1回の「郵便物月1回転送プラン」で1年一括払いが月990円となります。

バーチャルオフィス1:こちらは郵便転送が週に1回でも年一括払いで月880円ですのでかなり安いですね。

ただし、レゾナンスのネットショップ向けの格安プランは別ブランドであるリノベーション(R-INNOVATION)は月々550円でありながら、郵便物は毎週末に転送してくれます。ただし、こちらは個人のみのプランとなります。

比較してみますと、あくまでも個人利用で「住所を借りられるサービス」を求めているのであればレゾナンス(リノベーション)という選択肢もあります。

レゾナンスとバーチャルオフィス1を最低利用期間で比較!

レゾナンス:なし
バーチャルオフィス1:1ヶ月(月払)・1年(年払)

最低利用期間についてはレゾナンスは定められていませんので「なし」となり、バーチャルオフィス1は月払契約であれば1ヶ月となります。

レゾナンスとバーチャルオフィス1を利用できる住所で比較!

レゾナンス:浜松町・銀座・渋谷区神宮・ 西新宿・横浜市西区
バーチャルオフィス1:東京都渋谷区・広島市

バーチャルオフィス1は東京だけではなく広島市の住所も使えるんだ!?

レゾナンスは浜松町・銀座・渋谷区神宮・
西新宿・横浜市西区
と一等地ばかり。こちらもよさそうね!

住所に関しては好みの問題もありますのでお好きな住所を選べるのがいいですよね。バーチャルオフィス1は公式サイトにビル名まで記載されているので契約前に住所の確認ができます。

レゾナンスとバーチャルオフィス1を基本料金に含まれるサービスで比較!

レゾナンス:商業登記できる住所・郵便転送(月1回・週1回)
バーチャルオフィス1:商業登記できる住所・郵便転送(週1回)

レゾナンス・バーチャルオフィス1、ともに「商業登記できる住所・郵便転送」というサービス内容となっています。

レゾナンスもバーチャルオフィス1も会議室がしっかり用意されているから、実際に会議室を必要とするビジネスの場合は格安の料金で利用できるというのも魅力ね!

レゾナンスとバーチャルオフィス1を郵便転送と転送料金で比較!

レゾナンス:月1回転送、週1回転送ともに100gまでは200円
バーチャルオフィス1:50g以内150円、100g以内200円

料金的にはレゾナンスもバーチャルオフィス1もほぼ同じ位という感じですね。

レゾナンスとバーチャルオフィス1を転送通知で比較!

レゾナンス:メール(即時)
バーチャルオフィス1:LINE

バーチャルオフィス1はLINEで通知してくれるのね!

レゾナンスは、即時メールで通知してもらえますし、詳細は専用のアプリで確認することもできます。

レゾナンスとバーチャルオフィス1を法人登記で比較!

レゾナンス:可能
バーチャルオフィス1:可能

レゾナンスは、別ブランド(リノベーション)で提供されている「ネットショッププラン」以外は法人登記が可能です。

月額1000円かからずに登記する際の住所として利用できるんですね!

レゾナンスとバーチャルオフィス1を個人事業主からの法人成り変更で比較!

レゾナンス:可能(無料)
バーチャルオフィス1:可能(無料)

個人から法人に契約変更する際に別途料金が必要なバーチャルオフィスもありますが、レゾナンスもバーチャルオフィス1も無料で変更できます。

レゾナンスとバーチャルオフィス1をウェブ掲載可否で比較!

レゾナンス:画像処理が必要
バーチャルオフィス1:テキスト可能

テキストで表記できるのは簡単でいいね!

レゾナンスは画像処理表示ですので、いくらか手間がかかります。

レゾナンスとバーチャルオフィス1を法人口座開設実績で比較!

レゾナンス:あり
バーチャルオフィス1:あり

参考までにGMOあおぞら銀行の公式サイトには次のような記載があります。

 

登記されている法人所在地がバーチャルオフィス(レンタルオフィス)であっても口座開設いただけます。 バーチャルオフィスにて郵便物を受取・保管し、バーチャルオフィスより郵便物を転送するサービスをご利用の場合も口座開設いただけます。

GMOあおぞらネット銀行は、バーチャルオフィスを利用している法人でも比較的、口座開設はできそうだね。

※「GMOあおぞら銀行」はインターネット専業銀行です。

レゾナンスとバーチャルオフィス1を決済方法(支払方法)で比較!

レゾナンス:銀行振込・口座振替・来店(現金)・クレジットカード(VISA/MASTER/セゾン)
バーチャルオフィス1:クレジットカード

両社ともにクレジットカードでの支払いが可能です。レゾナンスはその他に店舗窓口で現金払いも可能ということですので、借りた住所地が近くであれば、何かのついでに立ち寄って支払うことも可能です。

レゾナンスとバーチャルオフィス1をその他特記事項で比較!

バーチャルオフィス1:バーチャルオフィスの建物の写真をウェブサイトに掲載できる。また、簡易書留などの代理サインが無料!

代理サインは意外と330円とかって料金がかかるところが多いからね〜

「レゾナンス」をおすすめの方はこんな人!

  • 法人登記の住所として格安でバーチャルオフィスを利用したい方
  • 会議室もたまに利用することがあるという方
  • 郵便物はほとんどないので、転送は月に一度でも良いという方

レゾナンスの公式サイトはこちら

「バーチャルオフィス1」をおすすめの方はこんな人!

  • 法人で、郵便物を毎週転送して欲しい方
  • 来客時には自分と直接連絡が取れる「受付対応システム」を使いたい方(これによりあたかも自分がそのビルに実際にいるかのように応対できる)

バーチャルオフィス1の公式サイトはこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は人気のバーチャルオフィス「レゾナンス」と「バーチャルオフィス1」13項目で比較、ご紹介してきました。

ぜひ参考にしてみてください。あなたのバーチャルオフィス選びを陰ながら応援しています。

-バーチャルオフィス1, レゾナンス