広告 DMMバーチャルオフィス

DMMバーチャルオフィスとGMOオフィスサポートと13項目で比較してみました!

人気のバーチャルオフィスである「DMMバーチャルオフィス」と「GMOオフィスサポート」を13項目で比較してみました。

両社は最安値のプランが同じ660円と、とてもよく似た料金体系のため比較する方々も多いのですが、どちらが自分の目的・用途に合っているか、比較・検討のお役に立てれば幸いです。

今回は、バーチャルオフィスを契約する際に基本となる「1.初期費用」「2.月額料金」「3.最低利用期間」「4.利用できる住所」「5.基本料金に含まれるサービス」「6.郵便転送・転送料金」「7.転送通知」「8.登記住所利用の可否」「9.個人事業主からの法人成り変更」「10.ウェブ掲載可否」「11.法人口座開設実績」「12.決済方法(支払方法)」「13.その他」を徹底比較しています。両社の良いところ悪いところ包み隠さずお伝えしていきます。

「DMMバーチャルオフィス」と「GMOオフィスサポート」とを13の項目で比較しました!

DMMバーチャルオフィスGMOオフィスサポート
初期費用入会金:5500円
保証金:5000円(解約時に返却)
なし
月額料金ネットショップ支援プラン:660円
ライトプラン:1650円
ビジネスプラン:2530円
660円・1650円他
最低利用期間12ヶ月(ビジネスプランは1ヶ月も可)12ヶ月
利用できる住所銀座・渋谷・大阪梅田・福岡天神・名古屋
(1650円のライトプランは渋谷・銀座のみ)
(ネットショップ支援プランは渋谷・大阪梅田・福岡天神・名古屋のみ)
渋谷・新宿・銀座・青山・秋葉原・横浜・
名古屋・大阪梅田・京都・福岡博多・福岡天神(2023年1月より)
基本料金に含まれるサービスプランにより異なる
(下記に記載)
プランにより異なる
(下記に記載)
郵便転送と転送料金(2530円のビジネスプランのみ)
150gまで 330円
151g〜500gまで550円
(1650円以上のプラン)
150g以内0円
転送通知(メール)
(LINE)
登記住所利用(1650円以上のプラン)(1650円以上のプラン)
個人事業主からの法人成り(1650円以上のプラン)(1650円以上のプラン)
ウェブ掲載
法人口座開設(1650円以上のプラン)
みずほ銀行・三菱UFJ銀行で実績多数あり
(1650円以上のプラン)
決済方法(支払方法)クレジットカード
クレジットカード・デビットカード
(一部のデビットカードは不可)
その他特記事項2次元のバーチャル空間oViceの「Basicスペース(¥5,500/月 50人同時アクセスが可能なバーチャルオフィス空間)」を無料で利用可能


上記の13の項目で、DMMバーチャルオフィスとGMOオフィスサポートを比較してみました。知りたい項目からチェックできるようにクリックして飛べるようになっています。

「DMMバーチャルオフィス」と「GMOオフィスサポート」を初期費用で比較!

DMMバーチャルオフィス:入会金5500円+保証金5000円 合計10500円
GMOオフィスサポート:なし

GMOオフィスサポートは入会金やデポジットが不要! これは開業時には大きなメリットですね。

DMMバーチャルオフィスの保証金は、解約時には余った分が戻ってきます。あくまでも支払いが滞った時のための「担保」ということですので、郵便物の転送料金等のデポジットとは異なるようですね。

DMMバーチャルオフィスの入会金も平均的な金額で、決して高いものではありません。

「DMMバーチャルオフィス」と「GMOオフィスサポート」を月額料金で比較!

DMMバーチャルオフィス
ネットショップ支援プラン660円
ライトプラン(住所貸し)1650円
ライトプラン(固定電話セット)3850円
ビジネスプラン(住所貸し)2530円
ビジネスプラン(固定電話セット)4730円
GMOオフィスサポート
転送なしプラン660円
月1転送プラン1650円
隔週転送プラン2200円
週1転送プラン2750円

個人でネットショップのための住所を借りたい!という方の場合、DMMバーチャルオフィスのネットショップ支援が月々660円、GMOオフィスサポートも月々660円と料金は同じです。

料金面だけではなく、個人のみ・法人登記不可・転送なしという点でも同じ。

最安プランはDMMバーチャルオフィスもGMOオフィスサポートも「住所を借りたい」という個人向けということですね。

「DMMバーチャルオフィス」と「GMOオフィスサポート」を最低利用期間で比較!

DMMバーチャルオフィス:12ヶ月(ビジネスプランのみ1ヶ月も可)
GMOオフィスサポート:12ヶ月

こちらもほぼ同じです。

「DMMバーチャルオフィス」と「GMOオフィスサポート」を利用できる住所で比較!

DMMバーチャルオフィス:銀座・渋谷・大阪梅田・福岡天神・名古屋
GMOオフィスサポート:渋谷・新宿・銀座・青山・秋葉原・横浜・名古屋・大阪梅田・京都・福岡博多・福岡天神(2023年1月より)

どちらもビジネス用の住所としては十分ね。

「DMMバーチャルオフィス」と「GMOオフィスサポート」を基本料金に含まれるサービスで比較!

基本料金に含まれるサービスはプランごとに見ていったほうがわかりやすいと思いますので、料金表と合わせてまとめてみました。

※料金はいずれも年一括払いのため、表示の金額×12となります。

DMMバーチャルオフィス月額料金含まれるサービス
ネットショップ支援プラン
(住所貸し)
660✕ 登記不可
○ 特商法表記
○ 発送伝票の発送元
○ 宛先不明や返品に限り通知・転送可
○ 1屋号まで無料
ネットショップ支援プラン
(固定電話セット)
2860住所貸しに下記を追加
・着信電話を指定の携帯電話に転送
ライトプラン
(住所貸し)
1650○ 登記可能
○ HPなどに掲載
✕ 転送不可
ライトプラン
(固定電話セット)
3850上記「ライトプラン(住所貸し)に

着信電話を指定の携帯電話に転送

ビジネスプラン
(住所貸し)
2530○ 登記可能
○ HPや名刺などに掲載
○ 転送可能(毎週転送)
○ 到着荷物の写真通知含む
○ 1屋号まで無料
ビジネスプラン
(固定電話セット)
4730上記「ビジネスプラン(住所貸し)に

着信電話を指定の携帯電話に転送

GMOオフィスサポート月額料金含まれるサービス
転送なしプラン660✕ 登記不可
○ネットショップなどのHPへの掲載
月1転送プラン1650転送なしプランに下記を追加
・登記可能
・簡易書留受取
・郵便物転送(月1)
・LINE通知(写真通知は別途1100円/月)
隔週転送プラン2200転送スケジュールが隔週に。
週1転送プラン2750転送スケジュールが週1に。

 

「DMMバーチャルオフィス」と「GMOオフィスサポート」を郵便転送と転送料金で比較!

DMMバーチャルオフィス:150g以内は330円・151g~500gは550円、他
GMOオフィスサポート:150g以内 無料・150g以上4kg未満 440円

転送があるプランを比較すると、
DMMバーチャルオフィス週1回転送が基本で、月1~4回までは無料で変更可能
GMOオフィスサポート月1回転送・隔週転送・週1回転送の中から選べるようになっています。

GMOオフィスサポートは郵便転送が基本料金に含まれており、別途手数料は不要というのはうれしいね。でも、週1回転送を希望する場合の月額料金を比較すると、DMMバーチャルオフィスが2530円、GMOオフィスサポートが2750円になるのか。

「DMMバーチャルオフィス」と「GMOオフィスサポート」を転送通知で比較!

DMMバーチャルオフィス:毎日18時にメール通知(写真通知)
GMOオフィスサポート:LINE(写真通知は別途1100円/月)

GMOオフィスサポートのLINEで通知もいいけど、LINEだと他のと区別しにくくなるから、DMMバーチャルオフィスのメールのほうが私はいいかも・・・

「DMMバーチャルオフィス」と「GMOオフィスサポート」を法人登記で比較!

DMMバーチャルオフィス:○(ネットショップ支援プラン以外)
GMOオフィスサポート:○(転送なしプラン以外)

DMMバーチャルオフィスもGMOオフィスサポートも、個人のみが利用できる最安値プラン以外は法人登記が可能です。

「DMMバーチャルオフィス」と「GMOオフィスサポート」を個人事業主からの法人成り変更で比較!

DMMバーチャルオフィス:○
GMOオフィスサポート:○

どちらも個人から法人への契約変更手続きによって可能なのね

「DMMバーチャルオフィス」と「GMOオフィスサポート」をウェブ掲載可否で比較!

DMMバーチャルオフィス:掲載可
GMOオフィスサポート:掲載可

両社ともにウェブ上での住所表示は可能ですが、テキスト表示なのか画像処理が必要なのかは記載がありませんでした。

「DMMバーチャルオフィス」と「GMOオフィスサポート」を法人口座開設実績で比較!

DMMバーチャルオフィス:○(みずほ銀行・GMOあおぞらネット銀行)
GMOオフィスサポート:○(GMOあおぞらネット銀行)

参考までにGMOあおぞらネット銀行の公式サイトには次のような記載があります。

 

"登記されている法人所在地がバーチャルオフィス(レンタルオフィス)であっても口座開設いただけます。 バーチャルオフィスにて郵便物を受取・保管し、バーチャルオフィスより郵便物を転送するサービスをご利用の場合も口座開設いただけます。"

DMMバーチャルオフィスは、みずほ銀行も紹介してもらえるというのはいいね!

※「GMOあおぞら銀行」はインターネット専業銀行です。
※「みずほ銀行」もネット上で申し込み手続きが完結します。

「DMMバーチャルオフィス」と「GMOオフィスサポート」を決済方法(支払方法)で比較!

DMMバーチャルオフィス:クレジットカード
GMOオフィスサポート:クレジットカード・デビットカード

両社ともにクレジットカードでの支払いはもちろん可能です。

「DMMバーチャルオフィス」と「GMOオフィスサポート」をその他特記事項で比較!

DMMバーチャルオフィス:2次元のバーチャル空間oViceの「Basicスペース(¥5,500/月 50人同時アクセスが可能なバーチャルオフィス空間)」を無料で利用可能です。こんなイメージです。

月々5500円のサービスが無料になるなら、バーチャルオフィス代は実質無料!?

「DMMバーチャルオフィス」をおすすめの方はこんな人!

  • 個人で、住所だけでいいから利用したいという方
  • 東京都心部の住所を利用したい方
  • 名古屋の住所を安く利用したい方
  • 福岡の住所を安く利用したい方
  • oViceの「Basicスペース」を無料で利用したい方
  • みずほ銀行の法人口座を開設したい方(※別途、銀行による審査があります)

DMMバーチャルオフィスの公式サイトはこちら

「GMOオフィスサポート」をおすすめの方はこんな人!

  • 会議室が不要で、住所を借りれれば良いというネットビジネスやアフィリエイターの方
  • 個人としてとにかく安く、東京都の一等地の住所を利用したい!という方
  • 横浜・大阪・名古屋・福岡などの住所を利用したい方

GMOオフィスサポートの公式サイトはこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は人気のバーチャルオフィス「DMMバーチャルオフィス」と「GMOオフィスサポート」を13項目で比較、ご紹介してきました。

DMMバーチャルオフィスとGMOオフィスサポートは結構比較して検討する方も多いのですが、実は「レゾナンス」と「バーチャルオフィス1」で比較する方の方が多いんです。

詳しくは「レゾナンスとバーチャルオフィス1を13の項目で比較!」、こちらにまとめましたので気になる方はぜひ読んでみてくださいね。

-DMMバーチャルオフィス